スポンサードリンク

2007年03月10日

2007年03月01日

キャンプ場 千葉県

書き込みサボってます。
でも、茨城県の一覧表は、しっかり進めてます。

千葉県と同じように、1県50ヶ所の予定で
整理しています。本当はもっと豊富なリストに
したいのですが、これ位に抑えないと、キリが
ないので、全都道府県をこのペースで完成させ
たいですね。

もっと紹介したい処もあるし、ペンションや
ロッジも紹介しろと思われる方もいらっしゃる
でしょうが、やはり極力キャンプ場に絞りたい
と思います。

是非、リストに反映させろというキャンプ場の
情報がございましたら、ご連絡下さい。続きを読む
posted by 野宿マン at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

まだまだ続けますぜ

千葉県のキャンプ場一覧表を、
こっそりアップしましたが
何とか、リンクも連動するみたいで
良かった、良かったと思って一安心です。

こんな感じでどうでしょうか?
Googleさんの地図はすごいなと思います。
衛星写真に切り替えて見ると、別の意味で面白〜いです。わーい(嬉しい顔)
世界中見ていると、時間も忘れてしまいます。

さて、まだ千葉県一県分が完成しただけで
満足しておる訳ではありません。こうなったら
日本全国やってしまおうと決意しました。え、えらいどんっ(衝撃)

そんな訳で、勢いで決意表明してしもうたので、
続けてみます。←やっても意味ね〜よ!という方も
おられるかもしれませんが、やらせて下さい。

なにか、ご意見やアドバイスなどあれば、ぜひ
教えて下さいね。私のスキルでは実現できない
事もあると思いますが、その場合はごめんなさい。

posted by 野宿マン at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

キャンプ場一覧 一覧

こっそり、アップロード・・・
また、リンクがうまくいかなかったら、どないしょ・・・

アップロードをした後、ファイルマネージャーから
添付しなかったら、当然表示されませんわな。

そんな手順さえ忘れてしまう位、パニクっていました。

多分、今度は大丈夫と思うけど・・・・

尚、県別カテゴリーを新設しましたので、千葉県の
一覧表は、カテゴリーの方から入ってご覧下さい。

.pdfって重いですねえあせあせ(飛び散る汗)
posted by 野宿マン at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 県別 お勧めキャンプ場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千葉県のキャンプ場一覧表

す、すいませんたらーっ(汗)

.pdfのファイルをアップロードする時に
チョンボしたようです。

先ほど地図にリンクされているか確かめたら、
データが消えとります。パンチ

一旦、ファイルを外して至急、手直ししますので、
既にご覧になった方にはお詫びします。exclamation×2

一人で騒ぎ立てておりますが、ご勘弁のほど。
posted by 野宿マン at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

千葉県のキャンプ場一覧が完成しました

試行錯誤、阿鼻叫喚、狂喜乱舞の結果
やっと、千葉県内のキャンプ場一覧表
完成しました。ひらめき

時間がかかる、かかる・・・あせあせ(飛び散る汗)

TVからは、黄門様も

『 も〜う、いいでしょう 』
と、助さんに言っておりました。わーい(嬉しい顔)

ホームページがあるキャンプ場は、名称をクリックして
いただければ、そのサイトに飛べますが、また帰ってきてね。

住所をクリックしたら、Google さんの地図が開きます。
左のスケールを上下すると、地図の縮尺、拡大がでけます。
衛星写真にも切り替えできます。これ便利ですねえ。exclamation×2

まだ千葉県のが完成しただけですが、今後とも続けて作成して
いこうと思ってます。応援して下されば、頑張ります。
ご参考になれば幸いであります。
posted by 野宿マン at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 県別 お勧めキャンプ場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

キャンプ料理には、木炭使ってバーベキュー?

固形燃料 

家族連れや、グループでキャンプなら、
バーベキューをしたり、ダッチオーブンを使う方が多いですよね?
経済的なのは、やっぱり炭ですかねえ・・・

ホワイトガソリンやガス式のツインバーナーは
比較的少人数、4〜5名のグループに、
もっと大人数のグループには木炭バーべキューが似合い・・って、
これはあくまで、私の勝手な印象です。がく〜(落胆した顔)

それぞれの器具の能力や仕様に合わせた料理と調理。
色々想像が広がるし、器具調達の検討も楽しいですね


●炭にを点けるには・・・

まず火種。乾燥した小枝(割り箸最高!)、新聞紙や、
炭のくずなどを置いて、その上に炭を積みます。
着火剤が付属品としてついていれば、火種の方に塗布します。
しつこいですが、着火剤の継ぎ足しは絶対、絶対駄目ですよ〜!!

炭が燃え始めないような場合、あくまで、火種を追加するだけに
留める方が安全です。浦技は知識だけにしておいた方が・・・

良く見れば、火は点いている場合が多いので、焦って継ぎ足して、
大火傷する事故が、実際に増えているらしいです。
注意書きにちゃんと書いてあるんですけどねえ・・・
牛乳の紙パックなども、種火には良い材料になります。
牛乳パックの紙の表面は、ポリエチレンでコーティングされています。
石油化学製品は燃えやすい^^)結構な種火代わりになりますよ。
私は、事前に5cm角程度に切ったものを持っていくことが多いです。
(ちょっとせこいけど)
酒は飲まないので、一升パックのは使いません。(爆)
酒の紙パックは、試したことがありません。
アルミ蒸着しているけど、燃えるんかな?やらない方がいいですね。

また、七輪等で行う場合でも、原始的なカマドと同じように、
基本は同じで、空気の取り入れ口は、風上に向けることですね。
下になるのは、種火用の木片や新聞などを置き、
炭はその上という構造です。

チャコールブリックス

これは、木炭粉を丸く成型したものを蝋引き紙を巻いたものです。
簡単に火が点くので、これも着火材として有用です。
火種の代替品ですね。その上に炭を載せて、チャコールブリックスに
火をつけて、暫くすれば炭も燃焼を始めます。

牛乳の紙パックなども、種火には良い材料になります。
牛乳パックの紙の表面はポリエチレンでコーティングされています。
石油化学製品は燃えやすい^^)結構な種火代わりになりますよ。
私は、事前に5cm角程度に切ったものを持っていくことが多いです。
(ちょっとせこいけど・・・・・ケチって言うな)
酒は飲まないので、一升パックのは使いません。(爆)
酒の紙パックは、試したことがありません。
アルミとポリエチレンを蒸着しています。
燃えるだろうけど、やらない方がいいですね。

その他、豆炭、オガ炭、コークス炭、備長炭・・
固形燃料は種類も豊富です。
昔は、保温アンカに豆炭を入れて使ったものです。結構長持ちします。
コークスはなかなか火がつきませんが、火力はすごいものがあります。

消す時に、水を使うと、灰や蒸気を派手に巻き上げます。
格好悪いですよ(笑)多分、消し壷など用意してないでしょうね。
酸素をなくせば消えますから、砂をかけてやればOKです。
400gのコーヒー豆の空き缶などを持参しておき、
砂も中に入れておけば消壷代わりにできます。
消えた炭を覚まして、また缶に砂ごと入れば再利用も出来ます。

しかし、長々と書き連ねていますが、私が実際に炭や、七輪を使って
バーベキューをしたりしたのは大分昔のことで、グループで動くことが
無くなった今は、まず使いません(爆)わーい(嬉しい顔)ってことで簡便して下さい
posted by 野宿マン at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

携帯コンロの決め手は?

トランギア アルコールコンロ

携帯用のコンロとして、一番重要なのポイントは

(1)コンパクト性(スペースをとらず、軽量であること)
(2)頑丈で単純な構造(ハードな使用と確実な熱源の確保)
(3)気象条件に左右されない燃料を使用し、燃料管理が簡単。

こんなところが挙げられると思います。
ソロツーリング(私の場合は、自転車ですが)には、
一番肝心な点かな?
やはり(1)が最優先になります・・・がぁ、
周囲に人家も店もない・・・、しかも夜、食料品はあるのに、
火が点かないなんて事になると泣けますよ。
闇の中、懐中電灯の灯りだけで火熾しなんて羽目になると、
折角の楽しい食事も冷たいものだけとか・・・
そら、泣けます、えー、泣けますとも・・・もうやだ〜(悲しい顔)

現在、販売されているものは、それぞれ長年研究を重ね、
こうしたポイントをクリアしている製品が多いと思います。
欲しいものがありすぎて、逆に決め手を何にしていいのか
混乱します。ふらふら

私の場合は、メインはアルコールバーナーです。
私が生まれる前からある優れもので、
Trangia社のTR-B25という製品です。
舶来です。舶来って、あんた・・・ちっ(怒った顔)
Trangia-burne本体セット分解図.jpg

重量は110gでサイズはφ7.5×H4.5cm  カワイイ〜!!揺れるハート


簡単、軽量、コンパクト、確実着火・・・クリアーですひらめき
ゴトクは必須ですが、その重量も50g φ9.7×H6.3cmしかなく、
その中に、TR-B25本体をおきます。
厳寒期では、プリヒーターを本体の下にセットして
一番底にして置くことになりますが、
サイズがφ7×H3cmなので、ゴトクの中にスッポリ収まります。
重量はたったの25g
バーナーヘッド部は、家庭用ガスコンロと同じように、
ぐるりと小穴が開いており、その小穴それぞれから火があがるのです。
Trangia-burner燃焼状態.jpg


オプションについて続きも読んでね
posted by 野宿マン at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めフィールドギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

キャンプで火おこし

着火剤は、使い易い?

と考えていらっしゃる方・・・・
いやいやとんでもないですよ! 
使用法とかその性質への認識次第では、
とんでもない事故を引き起こします。

もっとも火を使う道具は、本当に注意を払わないと
いけないのですが・・・・
マッチ1本で火起こしのコツを得るのも、キャンプやアウトドアの
知恵のひとつとして他の人を唸らせる技かもしれません。
マッチが1本しか残ってない場合ですが・・・話が逸れましたが、

着火剤とは、メタノールアルコールや灯油が主成分です。
これが原因で数々の事故が起きています。

事故の原因となる最大の要素は、「火が見えにくい」ということ。
火がついているのに着火剤を継ぎ足して、引火爆発を起こします。

アルコールはご存知のように揮発性が非常に高く、
可燃性の蒸気が全体の気体の中に
どのくらい含まれているのかによって、引火爆発の範囲も変わります。
常温では常にドッカーンする性質があります。
特にメタノールをゲル化したゼリー状着火剤。
マヨネーズのようなポリ容器に入って搾り出して使うものです。
( 揮発性が高く毒性もあるので。
キャップや蓋を開けたままでは危険です)

炭の上に着火剤をつけて点火したり、
炎が消えかけたので、再び着火剤を炭の上に
注ぎ足ししたら、1〜2分後炎が上部に噴き上がり腕を伝わったとか、
日なたに置いたバーベキューコンロの炭に着火剤を塗ったりすると、
メチルアルコールが揮発し、中毒症状になる可能性も
いずれも誤った使用法です。
直接、炭に塗るものではないし、
燃焼中の注ぎ足しは絶対避けましょうね!!
炭を効率よく着火させるための予熱材(枯木の木片など)
に塗るものです。 えーい、もう一回いけ!
燃焼中の注ぎ足しは絶対避けましょうね!!
火の近くに置くのは論外です。

*ポリチューブなどから搾り出すとき、チューブは元の形に
戻ろうとします。するとチューブ内は負圧となって、
外部から空気を取り入れようとします。
その時に、一緒に火まで取り込んでします訳ですね。
可塑性が無い缶でも負圧状態は起きますので、同じことです。
早い話が、絶対に燃焼中の注ぎ足しはやめましょう!!(3回目)

万が一、火のついた着火剤が皮膚についた場合は、
払い落とそうとするとやけどの部分が広がってしまいます。
濡らしタオルなどを上から押しつけて火を消して下さい。

それ以外にには
メタアルデヒド等の固形の炭化水素をブロック状にしたもの、
木質繊維の形成ブロックに油脂やパラフィンを含ませたもの
などがありますが、火中に直接投げ込んだりするのも避けましょう。

メタノール系のもの、メタアルデヒド系の物は
携帯コンロの予熱にも使用されますが、わたしの愛用の
トランギアのストームクッカーも燃料はアルコールです。
確かに火は見えつらいですが、大抵は一人なので、じっくりと
燃焼状態を確認しています。ストームクッカーについては
また別に紹介します。
posted by 野宿マン at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

固形燃料 エスビット/ポケットストーブ

サバイバルキットと呼んでもよかですか?
エスビットポケットストーブ

固形燃料で、根強い人気があるのがこれでしょう。
早く言えば、単なるブリキの五徳と固形燃料の組合せ
に過ぎないものなんですが、
何でこんなに人気があるんでしょう?

エスビットポケットストーブ2.jpg

と言いながら、ストックしている私も私です(爆)
実際に軍隊で使用されているという事実が、
防災用品やサバイバル愛好家の方々にアピールするのかな?

いかにも軍の携行糧食用に開発された感じがありますもんね。
折り畳み式の五徳と、タブと呼ばれる、一見白いカロリー○イト?
のような固形燃料。 

折り畳むと10x7.7x2.3cm 弁当箱みたいです。
固形燃料の紙箱が、この中にすっぽり納まります。
固形燃料4gのタブが20個入りです。 

1タブで約 15分ほど燃焼しますが、熱量が弱いのか、
環境がよくないと、300ccの湯沸しに3個位タブを使ってしまいます。
大して高くないから平気ですけど・・・
そうです、メチャクチャ安いので文句はいえません。

要は【非常用】という位置づけなら、心強い逸品です。
1セットで1300円位のものでしょう。
一度使うと相当汚れますが、何しろ五徳ですから・・・
別に構わんですね。

これだけの組み合わせで、笑ってしまう位、簡便そのもの。
携行したり、防災用グッズとして保管するにはもってこいです。手(チョキ)

posted by 野宿マン at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めフィールドギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。