スポンサードリンク

2007年11月22日

たばこ喫みのたしなみ タバコ喫みに捧げる挽歌

これ何かわかりますか?

火縄ライタCIMG0111.JPG



大昔、マドリッドの蚤の市で、
お土産用に大人買いしました。(笑)
今でも数個持っていますが、

なんとライターであります。

電子ライターではありません、原始ライターです。ちっ(怒った顔)
ターボライターとは大幅に異なります。
どうです。ちょっとは笑って貰えたでしょうか?
遠慮は要りません、どうぞ笑って下さい。わーい(嬉しい顔)
もちろん今でも使えます。

ただ、普通に着火をするわけでなく、
原理は普通のライターと同じですが、炎は出ません。
火花をひもに飛ばし、ひもの先端のほぐれた繊維に
火種を起こすわけです。つまり炎をあげるのではなく
あくまで火種として繊維が焼けているのです。

ひもも燃え上げることはありません。それをフーフーしないと
消えてしまいます。


そんなレトロそのものの商品は第二次大戦中の
フランスレジスタンスや、スペイン市民戦争の頃の兵隊は
重宝しておったのです。


それが、何だかお洒落な雰囲気でリニューアルされて
発売されました。 おもろいので紹介します。

ウィンドミル(WIND MILL) 火縄ライター
ウィンドミル(WIND MILL) 火縄ライター

風が強いと、より威力を発揮する、アウトドアに最適なライターです。
まあ、いくら使っても、使い切れないひもです。
にもかかわらず、予備のひもも別売りしています。
100円ライターのお気軽さが好きなら、腹の立つ代物かもしれませんが、
サバイバル派にはたまらんです。
1個持っていれば、死ぬまで使えます。

その他の火付け道具 
posted by 野宿マン at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めフィールドギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬場のキャンプも暖かく

キャンプ用暖房器具


このところ、一挙に冷え込むようになりました。がく〜(落胆した顔)
こんな寒くて、キャンプなんか出来るかと
考える人は、こたつでゲーム派ですか?

朝、目が覚めて、冷たい空気が清々しいから、
冬場のキャンプこそ!!と言う人は、とことん
キャンプ好きですね。
でも、夜間、ブルブル震えているだけじゃあ
ちょっと寂しいですね。せめてテント内を
暖かくしたい人の必需品と言えば、

手軽で嵩張らない、小型のヒーター。かわいい
ガス式で、長時間燃焼タイプなんてのもあります。
まだ少し早いけど、ワカサギ釣りのお供にも
ピッタリの製品があります。

イワタニ産業(Iwatani) ジュニアヒーター
イワタニ産業(Iwatani) ジュニアヒーター

コンパクトボディーでも1200Kcal/hのハイパワー。
家庭用のカセットガスボンベ(メーカー純正)が使えます。
入手が簡単で、燃料代も安価。寒い時のガス圧低下にも対応。
●サイズ:幅185×奥行176×高さ241(mm)
●収納サイズ:幅176×奥行176×高さ160(mm)
●重量:834g、ガス消費量:97g/h
●連続燃焼時間:イワタニカセットガスJr.使用時=約1時間20分、
イワタニカセットガス使用時=約3時間
●暖房出力:1200Kcal

ユニフレーム(UNIFLAME) 【レギュラーガス2本付き!!】ハンディガスヒーター ワームII
ユニフレーム(UNIFLAME) 【レギュラーガス2本付き!!】
ハンディガスヒーター ワームII

ワームIIのリニューアルモデル!!
サーマルコントロールシステムとWカセット方式で
氷点下の中でも10時間の長時間暖房
屋外用ヒーターのベストセラーモデル。

●最大火力:600キロカロリー
●燃焼時間:(最大火力時)10時間(2本)*燃焼時間は火力調整・気候
等で変化します。
●点火方式:圧電点火
●サイズ:(使用時)260×180×255mm
●重量:2kg


イワタニ産業(Iwatani) カセット暖CB−8
イワタニ産業(Iwatani) カセット暖CB−8

セラミックバーナーシステムで、風に強く!
釣りやキャンプに最適なヒーターです。
●使用時:約幅194×奥行312×高さ400mm
●収納サイズ:約幅194×奥行184×高さ338mm
●重量:約2.7kg
●安全装置:圧力感知安全装置(閉止式)
●最大発熱量:16kw(1400kcal/h)
●ガス消費量:114g/h(温度20〜25℃のとき、着火後30分間の
ガス消費量を1時間換算)
●連続燃焼時間:約2時間半(温度20〜25℃のとき、
強火連続燃焼にてガス250g消費までの実測値)
●ガス調整ツマミと点火スイッチを別にした2アクション点火方式





posted by 野宿マン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めフィールドギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

携帯コンロの決め手は?

トランギア アルコールコンロ

携帯用のコンロとして、一番重要なのポイントは

(1)コンパクト性(スペースをとらず、軽量であること)
(2)頑丈で単純な構造(ハードな使用と確実な熱源の確保)
(3)気象条件に左右されない燃料を使用し、燃料管理が簡単。

こんなところが挙げられると思います。
ソロツーリング(私の場合は、自転車ですが)には、
一番肝心な点かな?
やはり(1)が最優先になります・・・がぁ、
周囲に人家も店もない・・・、しかも夜、食料品はあるのに、
火が点かないなんて事になると泣けますよ。
闇の中、懐中電灯の灯りだけで火熾しなんて羽目になると、
折角の楽しい食事も冷たいものだけとか・・・
そら、泣けます、えー、泣けますとも・・・もうやだ〜(悲しい顔)

現在、販売されているものは、それぞれ長年研究を重ね、
こうしたポイントをクリアしている製品が多いと思います。
欲しいものがありすぎて、逆に決め手を何にしていいのか
混乱します。ふらふら

私の場合は、メインはアルコールバーナーです。
私が生まれる前からある優れもので、
Trangia社のTR-B25という製品です。
舶来です。舶来って、あんた・・・ちっ(怒った顔)
Trangia-burne本体セット分解図.jpg

重量は110gでサイズはφ7.5×H4.5cm  カワイイ〜!!揺れるハート


簡単、軽量、コンパクト、確実着火・・・クリアーですひらめき
ゴトクは必須ですが、その重量も50g φ9.7×H6.3cmしかなく、
その中に、TR-B25本体をおきます。
厳寒期では、プリヒーターを本体の下にセットして
一番底にして置くことになりますが、
サイズがφ7×H3cmなので、ゴトクの中にスッポリ収まります。
重量はたったの25g
バーナーヘッド部は、家庭用ガスコンロと同じように、
ぐるりと小穴が開いており、その小穴それぞれから火があがるのです。
Trangia-burner燃焼状態.jpg


オプションについて続きも読んでね
posted by 野宿マン at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めフィールドギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

固形燃料 エスビット/ポケットストーブ

サバイバルキットと呼んでもよかですか?
エスビットポケットストーブ

固形燃料で、根強い人気があるのがこれでしょう。
早く言えば、単なるブリキの五徳と固形燃料の組合せ
に過ぎないものなんですが、
何でこんなに人気があるんでしょう?

エスビットポケットストーブ2.jpg

と言いながら、ストックしている私も私です(爆)
実際に軍隊で使用されているという事実が、
防災用品やサバイバル愛好家の方々にアピールするのかな?

いかにも軍の携行糧食用に開発された感じがありますもんね。
折り畳み式の五徳と、タブと呼ばれる、一見白いカロリー○イト?
のような固形燃料。 

折り畳むと10x7.7x2.3cm 弁当箱みたいです。
固形燃料の紙箱が、この中にすっぽり納まります。
固形燃料4gのタブが20個入りです。 

1タブで約 15分ほど燃焼しますが、熱量が弱いのか、
環境がよくないと、300ccの湯沸しに3個位タブを使ってしまいます。
大して高くないから平気ですけど・・・
そうです、メチャクチャ安いので文句はいえません。

要は【非常用】という位置づけなら、心強い逸品です。
1セットで1300円位のものでしょう。
一度使うと相当汚れますが、何しろ五徳ですから・・・
別に構わんですね。

これだけの組み合わせで、笑ってしまう位、簡便そのもの。
携行したり、防災用グッズとして保管するにはもってこいです。手(チョキ)

posted by 野宿マン at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めフィールドギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

固形燃料 アルコール燃料のいろいろ

宴会や、旅先の旅館なんかで、一人前の鍋料理なんかで
固形燃料を使ってますよね。あれと同じ感覚ですか・・・
多分、大方の人は目にしたことがある、
あの水色の円筒型のヤツ。ひらめき
下はアルミ箔の皿で包まれているので、
一見お菓子のように見えますね。
このアルミ箔が火皿の役目をします。

固形といっても、原材料はほとんどアルコールで、
これを増粘剤などで固化したものです。
直接これに点火してほ放っておけば、鍋の中の薄っぺらな
牛肉らしきものが煮えあがって、う〜ん、まずい!!ふらふら
という目に合った方も数知れず。(笑)
今や、100円ショップでも販売しています。 
でも捨てたもんじゃないです。

あれ位の大きさでも、1個で20〜30分燃えてますから、
大したもんです。
一人鍋のように風防があれば、十分燃料になりますね。

問題は、袋をあけてしまうと気化して、そしてかけらだけが
残っているという結果になることです。
長期で保管するには信頼性が今ひとつかな・・・

そんな不安定さをなくしたものが、これです。
デュアルヒートという輸入品ですが、パック型缶入りで
そのままコンロとして使用します。
防災グッヅとしても理想的と思います

dual1 heat 五徳つき.jpg

1個のデュアルヒートで3回の飯盒炊飯が可能。
燃焼時の臭いがなく長期保存が可能です。
アルコール固形燃料に比べて、3倍近くも経済的
というのがメーカーのコマーシャル文句。

日本の消防庁も「非危険物」として認定されているので
十分な安全性があります。
引火や爆発する危険性も無く、揮発もしない燃料ですが、
長期備蓄も可能で(5年以上品質変化しなそうです)

DUAL HEATの缶内の構造を知りたいところですが、
いずれ購入したらまた紹介します。
特許商品なので、暫くの間は類似品は出ないと思います。

まだ他にも固形燃料の面白グッズを紹介していきます。

posted by 野宿マン at 22:30| Comment(0) | TrackBack(1) | お勧めフィールドギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

ガスじゃなきゃ、ホワイトガソリン?

ガスじゃな〜い。ホワイトガソリンを燃料にするツインバーナー

前部分にあるのが燃料タンク。有名なメーカーなので、
型番は違うけど同じタイプのが色々と販売されてます。

イメージ -  ツインバーナー(白ガス燃料)コールマン.jpg


これはこれでかさばるけど、人気ありますよね。
海外ではどちらかというと人気者みたいです。
あ、日本でもか・・・

ポンピングしたり、fuel缶からホワイトガソリンを
補充するときのいかにも機械式な感触がいいのかな?
難しくはないけど、ほんとに取扱いはくれぐれもご注意のほど。
補充の際の火の元にも厳重注意です。

補充のfuel缶は1Lと4L缶があります。自動車のオイル缶に
似てます。
posted by 野宿マン at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めフィールドギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

グルメならツイン・バーナー?(ダブル・コンロ)

これがあれば、完全に家庭で調理しているのと同じですね。
家族連れなら、このタイプがあれば完璧です。
我が家は、3人家族ですが、2口コンロですもん。(爆)

ユニフレームテーブルトップバーナー.jpg

このメーカーの製品て、好きです。何かデザインが好きなんです。
斬新ですね。まったくの個人的な好みで紹介しただけです。
他の製品が嫌なわけじゃありませんて。
き〜さま、コダワリが無いのか!この八方男前野郎がっ!!

ありませんて、
なんせもう、コンパクトになるものなら何でも好きなんですよ。
もう、八方男前だなんて言わないで下さい!
ただの男前でいいです。
posted by 野宿マン at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めフィールドギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

ガス・カートリッジ分離型バーナー

こんな五徳も安全ですね。ダッチオーブン置いても大丈夫って、
華奢に見えて頑丈なんですね。持ってないけど、欲しくなります。
機能美というか、いかにも、いかにもという感じがよろしいです。晴れ

ユニフレームテーブルトップバーナー.jpg

ダッチオーブンを使う方は、グルメなんでしょうね。

私はC級グルメだし、料理はヘタッピーなので、
簡単なものしか作りませんが、1泊、2泊の一人旅じゃあ
豪華な食事だと、余計に寂しくなりそうだし、
後片付けを手伝う助手が居ないなら、ちょっとしんどい。

そりゃあ、ご相伴に預かれるなら、遠慮はしません。
え〜え、行きますとも、食べますとも・・・
是非、呼んでください。わーい(嬉しい顔)
posted by 野宿マン at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めフィールドギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

ガス・カートリッジ分離型バーナー

シングルバーナーで、先に紹介した
カートリッジ直結型のものだと、な〜んか不安定・・・

実際不安定です。(笑)
フラットな場所が直ぐ探せるならいいのですが、
狭い場所なんかだと足で引っ掛けたりするんじゃないかとか、
子供が一緒だったりすると危なっかしい印象です。

お前の足が長いからじゃないか、ですって?? 
失礼じゃないですか。私の足が長いだなんて!!
二度と言わないでください。足が長いだなんて、
怒りますよ、ほんとに・・・

ちょっと虚しい。

ガス・カートリッジと燃焼ヘッダーが分離されて、
大きな五徳があれば安心ですよね。ありますよ〜!!
欲しくなるでしょう。
水平調節のつまみが、各足についているので、
多少ゴツゴツした場所でも安定させらるし、
もっと股を拡げられます、
この広がった脚は折り畳みだから、コンパクトに収納できます。
EPIsplit タイプ.jpg


ほんとに良く考えられていて使うのも楽しいというタイプです。
新甲子温泉近辺・・・・行きた〜〜い


カートリッジの内容成分は
LPG(液化ブタン)のものや、
プロパン(30パーセント前後)とブタン(70パーセント前後)
を混合率のものが燃焼効率的に良いようです。

私はあまり気にしません。単純に寒冷地用とレギュラーを
使い分けているだけ。ふらふら
知識としてガスの性質を知っておくのもいいかもしれません。
自分一人不便を我慢出来ればいいという場合、
同行者のことも考えなきゃいけない場合、
色々と、知識が必要になることもあるでしょう。
経験と知識・・・あれば有るほどいいと思います。

そりゃーそうなんですけどねわーい(嬉しい顔)
最初に知識ばっかり詰めこんで行っても、実が伴わなきゃ、
逆に格好悪ぅ〜いことになることもあります。ちっ(怒った顔)

謙虚に、エチケットを守り、自然に、肩肘張らずにいきましょうよ。
posted by 野宿マン at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めフィールドギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

ホワイト・ガソリン・バーナー

シングルバーナー(白ガス).JPG
ホワイト・ガソリン・バーナー


燃焼効率抜群です。火力は強いし、
低温でも影響を受けません。手(チョキ)

但し、ガソリンですから取扱いは要注意です。

灯油ランタンに誤ってホワイト・ガソリンを誤って入れて、
添加すると大爆発ですよ!!くれぐれもご注意下さい。どんっ(衝撃)

ホワイト・ガソリンと白灯油と混同しないで下さいね。
灯油系の燃焼器には白灯油(ケロシン)
ガソリン系の燃焼器には、ホワイト・ガソリン
という区別はしっかり区別する必要があります。

ガソリン・バーナーに車のガソリンが使えないか?
ホワイト・ガソリンは高純度の精製品です。それに比べて、
車用のガソリンには、種々の添加剤が含まれています。
勿論、使えないことはないのですが、ジェネレータが
目詰まりを起こしやすくなります。

使用後にタンク内に残ったホワイトガソリンは、ひと月以上
使用しない場合、専用の抜き取りポンプで、タンクから抜き、
ガソリン缶に戻して保管します。
(タンク内に結露が起きると、水分が混入し、
チェックバルブが詰まります)
湿度の低い冷暗所に保管して下さい。
(湿度の高い場所では、錆など缶の腐食でガソリンが
漏れる恐れがあります。)

このように、ホワイトガソリンの取扱い自体に注意が多いので
ガスカートリッジに切り替える人も居ると思うのですが、
長所が短所を凌駕するという部分で、手放せない方も多いと
思います。

私個人はアルコール燃焼のものが、一番好みですが・・・わーい(嬉しい顔)





posted by 野宿マン at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めフィールドギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

シングルバーナー

ガス・カートリッジ式
シングル・バーナー


やはり、間便で取り扱いが易しいと思います。
バーナーヘッドの小穴で、安定した炎を供給します。

ガソリン式に比べると、やや燃焼効率が悪いかも・・・
でも気にするほどではありません。
やはり寒冷地での使用時では、イラっとするかもしれませんが、
前に紹介したように、寒冷地用のカートリッジも
販売されてますから!!価格はほんの少し高いですが。

ガソリン缶が不要であるだけに、少しは荷が減るかな。




プリムス-2243pa_2.jpg
posted by 野宿マン at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めフィールドギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

キャンパーはコーヒーがお好き2

パーコレーター.JPG

テントのそばの焚き火を見ながら、
コーヒーのいい匂いが漂ってくると、
ほんとに癒されます。

絶好のサイトを選べなくても、多少条件が悪くても、
コーヒーが飲める場合は、小さな幸せを味わえます。

先にはエスプレッソを紹介しましたが、
パーコレーターも取り扱いが簡単で、
直火で点てられる良い器具です。

内部には豆を入れるバスケットを装着するのは
エスプレッソと同じです。

バスケットの中心を貫通するパイプwp通して、
湧き上がったお湯がバスケットの豆に降り注ぎ、
豆を漉したコーヒーが下に落ちて溜まり、再び
パイプを通して、また豆に降り注ぐという原理です。
つまり、何度か濾過をくり返して、出来上がるのです。

出来上がりは色具合を見るのですが、蓋のつまみが
透明ガラスになっているのは、それを通して色を確認
するためです。飾りじゃないのよ、ガラスは、ハ、ハン、ハーン

つまみはねじ込み式なので、注意して下さいね。

弱火で沸した方がいいですね。
弱点は、出来上がりまで、何度か漉すので
豆カスが一緒に抽出されることがあります。でも、
それもまたいいかもわーい(嬉しい顔)

エスプレッソは、底部とポット部の中間部がバスケットに
なっております。バスケットとパイプが一体になっており、
パイプ先端が底の部分に向きます。上半分のポット部には
内部にパイプが固定されています。湯が沸いて、バスケットの
豆に十分触れた後、一挙に底パイプから、吹き上がり、
ポット部に溜まります。

どちらも、バスケット部分は、漉すための小穴が一杯
開いてます。う〜ん、文章で説明するのは難しい!!ふらふら

エスプレッソが3000円前後、
ステンレスのパーコレータが6000円前後で売っています。
私は、苦いのが好きなので、コロンビアの深炒りで、
エスプレッソを使うのが定番になっておるのです。









posted by 野宿マン at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めフィールドギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

キャンパーはコーヒーがお好き

内容が貧相なものでも、
食事の後は、やっぱりコーヒーが欲しいですな喫茶店

ちょっと嵩張るんだけど、この器具が好きなんです。
もう30年以上前から使っているので、何代目かも
わかりません。

1カップ用もあります。
6カップ用のものと比べると
なんだかミニユアサイズで可愛いです。
コーヒーメーカーとしては安い。
でも注意です。デミタスカップの容量です。

何度も使っていると、段々底のアルミが解けたような
白粉が吹いたようになります。それが何だかチト汚いような気が・・・
多分、熱で腐食するんでしょうね。

エスプレッソとはイタリア語ですが、スペイン語でも同じです。
意味も同じで【急行列車】有名になりましたよね。
なんせ直火で沸かせるのかええです。

パーコレーターも直火ですが、ちょっと部品が多いです。

エスプレッソ ビアレッテrィ.JPG

posted by 野宿マン at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めフィールドギア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。