スポンサードリンク

2007年01月12日

PDFができません(泣)

PDFソフトのダウンロードの途中で、変な感じで終了
して、インストールしたのにまともに動きません もうやだ〜(悲しい顔)

地図ともリンクさせようと、試行錯誤しているのですが、
どうにもこうにもパニック状態です。

デスクトップにマニュアルを表示させ、ノートで編集して
いたら、いつの間にやら、どちらのPCも同じ画面になって
たりします。いやあほんとに難しい。訳わかりまへん。

一台を使いこなせないのに、二台も使ってこんな体たらく。
キャンプ用具もそんなことがあるんじゃないかと・・・

いや、今は兎に角、サイトの充実をさせたいと思うのですが、
頼りの綱の息子が、体調不良で入院してしまうという最悪の
コンディションの中、パソコンを壊しちゃんじゃないか、
また、ハードディスクを新替えしなきゃいけなくなったり
するんじゃないかと、ヒヤヒヤしながらやってます。

またしても目の前にオーバーハングの壁が聳えてます。がく〜(落胆した顔)

posted by 野宿マン at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

他の燃料で、面白い器具

さてさてハイパーリンクのつなぎ方がわかったのですが、
今、1件毎にキャンプ場とURLをつないでます。

それはそれとして、シングルバーナーで
ガス・カートリッジ式とホワイトガソリンの紹介をしましたが、
他にも面白い燃料のものがあります。
自分で使ったことがない器具は、只紹介するだけなので

ちょっと心苦しいですが、でも、見ただけでほしくなるのは
皆さんも同じ筈ですよね。つい、DIYショップなどの
キャンプ用品コーナーで足が止まってしまうんですよね黒ハート

次回から、固形燃料のものやアルコール燃料のものを紹介します。
面白いものがあります。
(私が使用しているのは、アルコール式のものだけですが)
他のサイトなんかでも、皆さんのコダワリには感心します。

すんごい猛者で溢れかえってます。わーい(嬉しい顔)
同好の士がこんなに多いのは、何か嬉しい。


posted by 野宿マン at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

抱負というには情けないですが

何だか久しぶりに書いている気がします。

正月は、ひたすら食べるだけ、寝るだけの自堕落生活。
腹まわりの話題はやめておきましょう。がく〜(落胆した顔)

年賀状の絵をまだ描いている私です。わーい(嬉しい顔)
やっと完成したら、それから宛名を書こうという
恐るべき神経の持ち主です。

パソコンで送れる相手が少ないので、基本的に賀状を
作ります。しぶといです。そんな新年近況です。

今までアップした日記や、お勧めのフィールドギアですが、
もう、気づいておられますか?
画像をアップしても、メーカー名や具体的な商品名を
記載しておりません。そんなんで、参考になるかー!
とお怒りはごもっとも。

何故書かないのかという理由ですが、
当初の目的は、こんなものですよというものさえお知らせ
すればいいかなと思っていたのです。
サイトで検索すれば、いくらでも紹介されてますよね?

でも、パッと見で、「ありゃ、これって何につかうんだろうな?」
とか、「具体的にどう使うのかな?」などという疑問に
お答えするようなサイトにしていきたかったのです。

でも、それにしては説明がお粗末だったり、今ひとつ
具体性に欠けたりしているようです。そして、私が描く
下手な絵より、具体的な画像をそのまま使う方が
分かり易いかなと思うようになりました。
で、ここのところ画像でも紹介することにしたのです。

パソコンのスキルも関係して、まだまだ素敵なブログに
なるのは、先が長そうです。
posted by 野宿マン at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

未練たらたらで明けました

明けまして、おめでとうございます晴れ


昨年は、PCのハードディスクがぶっ飛びまして、
12月の日記をのんびりとアップしていたのが
全て無駄になりました。

何とか、ハードディスクを購入して、
あらためて、思い出しながら
12月分のアップをしていきたいと思いました。

しかし、どうしてもへんな感じになります。
というか、12月にかいたものだから、
話題もその当時のものがあったりしたので
それを今、思い出しながら書くとしていたのですが、
記憶力の減退、恐るべしといったところでしょうか、
いっそ、その間は空白でもいいかなとも思います。もうやだ〜(悲しい顔)

新年早々、年末の事を一生懸命思い出そうと努力するという、
何だか変な感じを持ったままですが、
取り敢えず、飯盒炊爨の途中で、調子が悪くなり始めたので、
その続きあたりから改めて書き始めようと思います。
そんな訳で、本年もよろしくお願いします。どんっ(衝撃)
posted by 野宿マン at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

年末のご挨拶

年賀状の原稿を描いております。
何とも便利じゃあ〜りませんか

パソコンでお絵描き・・・面白いですよ・・・あははは、
何故かテンションが高い。 

何故なら、多分今日中に描けないで年を越しそうだから。
ちょっとやけくそ気味といいますか、実は
う〜ん、まだソフトを使いこなしておらんのですよ。もうやだ〜(悲しい顔)
面白いけど難しい。exclamation&question

絵は、以前描いた景色をもとに再度同じものに
挑戦してますが、なかなかうまく描けません。
まあ。年越しそばを食べながらゆっくり描きます。

それでは、皆さんexclamation×2
良いお年と良いキャンピングを!!晴れ
posted by 野宿マン at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

行く人は行く 行けない人は行けない

押し詰りました。

今日からお休みの方、結構多いでしょうね。
帰省やら、大掃除やらで、ブログなんか読んどられるか!
ああ、怒鳴るのは勘弁して下さい。

でも、今ごろバックに、色々キャンピング用品を
詰め込んでいる人が絶対いますよ。くやしい〜〜! もうやだ〜(悲しい顔)

あ、年末は荒れそうですよ・・・わーい(嬉しい顔)
くれぐれも、事故には気を付けて、行ってらっしゃ〜い。
何だか、天候が悪いみたいです。

というか、初日の出キャンプ場を紹介しましたけど、
それに行く人もいるのかな・・・
年越しそばも出るらしいけど。
それはそれで、羨ましいな。
初日の出暴走房総 わーい(嬉しい顔)

私は、今年来年と、自己都合で
キャンプや旅行には行けません。もうやだ〜(悲しい顔)
それで、余計に羨ましいのでしょうな。欲求不満です。
こうなれば、しつこくブログを書き続けてやる。
参ったと言いなさい わーい(嬉しい顔)
posted by 野宿マン at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

師走も近いというのに・・・

う〜ん、後は正月を迎えるだけか…

なんだか寂しいような、
気が引き締まるような、
焦るような・・・

おいどの辺りがこそばゆいような・・・
落ち着かないですね。

へらへらとブログを書いていたりすると、
横で、バタバタと大掃除の下準備。
手伝わない訳には、いきませんもんね

まあ、今日はそんな訳で、
日頃の避難は出来そうにないので、手伝います。
だから短め。
posted by 野宿マン at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

キャンプ 冬場のキャンプ ワンゲル トレッキング テント

イヴ じゃありませんか・・・

我が家はな〜んも関係ありませんが、
まさか、こんな日にキャンプじゃあるまいし(^o^)
という感じですか?

何故か、ケーキが購入されており、
夕食が軽めになったようで(笑)

な〜んも関係ないとはいえ、ケーキは買うんですな。わーい(嬉しい顔)

我が家では、ケーキを食べるのに、「クリスマスだから」という
口実が要るようです。ええ、食べますとも、な〜んも関係のない
真言宗徒であっても、食べますとも。ドコモ提供

*********************

それでも、山登りの方は多いでしょうね。

私は軽いトレッキング程度ならやりますが、
本格的なワンゲルは経験がないけど、羨ましい気がします。

最近は、山の方に魅力を感じます。クリスマスイブをテントの中・・・
なんて、ちょっとロマンチックじゃないですか?

ええ、真言宗徒でも、そう思いますよ。メール

昔は、山に興味が無く、もっぱらキャンプは海だったのです。

というのも、阿呆三昧の馬鹿者に海は汚染されすぎており、ちっ(怒った顔)
あの、騒ぎを見るだけでうんざりしますもん。山には来ませんよ。
楽に騒ぎたいだけでしょうから・・・

手近な河原で、バーベキューをして河原をゴミだらけには
するんでしょうけどね。パンチ
posted by 野宿マン at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

バーナーいろいろ

飯盒炊爨するにも、コーヒーを飲むためにお湯を沸すのも
火をおこすにも、原始的な方法を使えない場合は、
バーナーを使いますよね。

こんな華奢な器具で飯が炊けるのか?と思うくらい小型軽量なものが
あふれる位揃ってます。ほんとに多種多様です。

もちろん燃料はそれぞれ別途必要ですが・・・・
火口がひとつのものを、シングルバーナーと呼びますが、
バーベキューや本格的な料理でもするのでなければ、
これで、一人、二人分位の調理は可能です。
ダブルバーナーは、単純にシングルを二つ並べただけのもの。わーい(嬉しい顔)
大げさな命名ですね(笑)シングルを二つ使えばダブルですって・・・
ガスコンロの一口と二口の違いです。それぞれの火口に燃料を供給する
必要がありますけどね。

バーナーには、アルコールや、混合ガス、ホワイトガソリンや灯油を
使うものなど色々な燃料形式があります。
後者のふたつは、燃料の取り扱いを考えるとちょっと面倒なので、
お手軽なトレッキングの場合、ガスを使うタイプが簡単かなと思います。
バーナーの本体に、専用のガスカートリッジをねじ込むように
取り付けるだけで使用できます。

ガスカートリッジはアウトドアショップならどこでも置いてあります。
入手に困ることはありません。

燃焼効率の向上のためにバーナー形状やバルブ形状、燃料の配合率など、
携行性向上のために、素材やコンパクトデザインの開発がされて、
最近では相当に性能が向上しています。

山歩きやソロ・ツーリングにしても、
携行品がコンパクト且つ軽量であることが理想。
バーナー部分と燃料部分の切り離しができる製品がいいかなと思います。
DIYやアウトドア用品店では、、小型のカートリッジ式ボンベを
よく見かけますが、燃料切れなどの場合に、近場で入手しやすいです。

手入れを十分にしてやれば、チャチな外形でもフィールドでは
頼もしいパートナーになり、愛着が湧いてきます。
手入れのために取り出してみると、
つい、沢におりて岩場に腰かけている自分を思い浮かべて、
ニヤニヤしている自分に気が付くようになります。(爆)

ガス器具には専用のカートリッジガスを使用する必要があります。
・・・というか、各メーカーは純正のガスカートリッジを使って
欲しい訳ですね。まあ、その方が無難でしょう。
各メーカーからいろんなサイズのガス缶が販売されていますので、
出掛ける前には多めに手配する事が必要です。

低温では火力が弱くなります。
そんなときには寒冷地用のガスカートリッジもありますので、
冬場のキャンプ時などには最適です。
posted by 野宿マン at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

原始的じゃない火

わざわざ枯れ枝や木切れを探さなくても、ご飯は炊けますね。

古き良き時代のマキを使ったキャンプも、
今や、自然保護や火災防止のために
決まったキャンプ場などでないと楽しめなくなっています。
やっている人は居ると思いますが・・・

逆にキャンプ場では、アルコール燃料や、ガスボンベタイプが
禁止されていたり、木炭なや専用炭のような燃料だけが
許されている場合も結構あります。
そんな場合は、売店で販売してたりします。
事前にキャンプ場のサイトや電話で、禁止事項や制限内容を
よく確認してくださいね。


DIY商品など販売している店であれば、
着火しやすく燃焼時間の長い専用炭も販売しています。 
ファミリーキャンプなどでは重宝するし、お金があれば、
何の用意もせずにキャンプ場に行けば、レンタルで
全て貸し出してくれるのですが、さすがに味気ない。

行く以上は、アウトドア専門店に行って、
あれやこれやと道具を買い揃えたりしますが、
そんな中には、結局使わずに新品のまま持ち帰りしたりして・・・ふらふら
慣れるとほんとに愛着が湧いてくるのですが、
使いこなすまでに至らず、記念品にしてしまうこともあります。


それじゃあ、つまらんですわね。
やっぱり、事前に一回くらいは、自宅で試してみた方がいいですね。^^)
家族にも手伝ってもらうのは、別に恥かしいことじゃないし、
何よりも、お子さん自身も安全な使い方を覚えると思います。

親父が家族の前で、見栄を張ったり、薀蓄をかます必要はないですね。

次から具体的な器具を少しづつ紹介していきますね。
posted by 野宿マン at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

弁解

さて、飯盒炊爨の話題から、大きくそれて、
いきなりコーヒーの話題に行ってしまいました。ふらふら

話が逸れ過ぎだあと自分でも思います。

コーヒー好きなもんで、つい、連続してアップしてしまいました。

デジカメで撮った画像をアップすれば早いのに、わざわざ時間をかけて、
マンガを書いてアップすると言う手法?を見ても、アホな奴っちゃなーと
思われていることと思います。

そうなんです。 そんな時代遅れなアナログ世代なんです。
 というか敢えてそんな面倒をこいております。いい気分(温泉)

というのも、私のアウトドアの方針は、
下手でも絵を描きに行くのがメインで、
アウトドアそのものが主体ではないからです。

そんなやつのアウトドアは、アウトドア派を名乗るでねえ!と仰る方には
ごめんなさい・・・です。

わたし自身は、アウトドアと言っても、色んな過ごし方がある
思ってますので、私流でもええかなと思って、しゃしゃり出てきた訳です。

そして、私なりに、貧弱ながら体験を書いているだけ。
そんな奴は風上におけぬという本格派の方には、
風下においてやって下さいなtとお願いします。

とにかくええ加減ですので、悪しからず。わーい(嬉しい顔)

はい、ちゃんと現代的な燃料の紹介も、ちゃんとやりますってば。
posted by 野宿マン at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

着火マン

火のおこし方 (もろ原始的に)わーい(嬉しい顔)

これはあくまでサバイバルに近いもので、
昔はこんなこともできましたが
最近は色々制限が多いし、自然保護の観点から
今は、なるべくやめた方がいいかも・・・ご参考まで

まず、木を切ったりするのは論外です。
(折角購入した、ウェンガーの鋸刃が無駄じゃねーか!)もうやだ〜(悲しい顔) 
生木だと燃えるようになるまで時間がかかるし
煙ばかり出るのが落ちです。ダッシュ(走り出すさま) 

渓流地の岩場などなら、適切な大きさの岩をあつめて炉をつくります。
コの字形に積んで風防として、開いた口は風上に向ければよいだけです。
(風が強ければ、適宜、角度を変えてください。)

石と石の間に隙間があっても大丈夫です。
あまり完璧な炉にする程の事ではないですよ。

コの字の内側の土を5cmjほど掘って低くして、
砂利でも敷いて下さい。そこが焚物をくべる火床となります。
水際から離れた場所にして下さい。
近いと、水が湧いてくるので、場所の選定も大事です。

河原には、流木などの乾燥した木っ端が結構あります。
それが燃料になりますが、大事なのは乾燥していることです。
使わなくなった割り箸などが一杯あれば持参するのもいいでしょう。
あと焚付け用の新聞紙数日分。

直径2,3cmの枝2.3本分があれば十分です。
長いのを1本だけ残し、10〜20cm程度の長さに折っておきます。

長いのは炉の平行した風防に渡し、飯ごうのハンドルをぶら下げるため。

( 実際には、アルミの防風板が安価であります。
折り畳み式なので、コの字形に広げて立て掛けるだけ。簡単です^^)
折り畳めば単なる薄い板だから、邪魔にならんです。)

新聞紙は1枚づつ、細く硬めに巻いて、絞り上げます。 ゆるゆるだと、
空気を含みすぎて早く燃え尽きてしまいます。 
数本作っておいて、燃焼具合を見ながら絞めて下さい。

新聞紙が安定して燃え始めてから、割り箸か、同等の小枝をテント型に
積み上げていきます。小枝など十分燃え始めると、太目の枝を一本づつ
くべていきます。一挙に燃え上がってしまうと、
あっという間に熾きになってしまうので、あわてないで下さい。
風が強かったりすると、結構燃焼が速く、火の調整は難しいですよ。

完璧な炉だと、燃焼効率が良過ぎる結果になるので、
逆に隙間だらけの炉で大丈夫です。
要は、火が飯ごうの底一部にだけ当るのを避けて、
底を含む下部前面にあたるように調節することです。

こうした事が出来たのも懐かしい気がします。
今は便利なフィールドギアが溢れ返っているので、
追々、紹介したいと思いますが、
今回は、快適すぎる現代のキャンプへのアンチテーゼとして、
ろくなツールも無かった時代の記憶を書き出しました。ふらふら

飯ごう掛けに使った横木が燃えました(爆)
その燃え残りで、パーコレーターでコーヒーを・・・・
無理や、もうこんな気分は味わえんなあ

posted by 野宿マン at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

飯盒炊爨 水の量

丸型飯盒無題.JPG一応、飯炊きにも、コツというか基準というか、それは必要ですわな
米の量
2合炊き、中蓋の摺り切りいっぱいが2合ですが、
中蓋が付属してない飯ごうもあります。上蓋で計ると、3合分になります。
単独で数日のキャンプなら、事前に2合分ずつをジップロックのビニールバッグに
小分けしておけば便利です。 一合計量カップがあるなら別ですが、
水を計量するにも便利だし・・・


米2合分って、飯ごうに入れると、あら、こんなものかと思うくらい
貧相に見えます。
2合分炊けば、丼で山盛り一杯位の量になります。
色々と体力を使ったら、2合くらいの量なら食べちゃうか・・・・
飯盒炊爨の目的次第ですね。


前にも書いたように、余れば翌日の食料にできます。 
朝はパン食だって?まあ、それはお好きにどうぞ。
 

水の量

飯ごうの内側には、水の量の目安として、2本の線が浮き出て見えます。

下の方は、米2合の時に入れる水の量線です。
上の方の線は、4合の時に入れる水の量線です。

手鍋や、コッヘルなど、何の目印も付いてない容器で炊くには
昔からのやり方がありますが・・・・ちょっと原始的です^^)
だから炊き上がりは保障できませんが、実は、私はこのやり方で
ず〜っと通しておりました(爆) 
飯ごうの内側の目印の用途を知らなかっただけです。 ほっといてください。

 
目分量炊飯.bmp
米が沈んで落ち着いたら、
全体的に水平になっているか確かめて下さい。
手の平を静かに米の表面にあてて、腕がほぼ90度になるようにして
その時の水の位置を確かめて下さい。90度に曲げた手首の間接の
中間位であればOKです。状況次第で、間接の上か下の間で調整します。

勿論、人によって、手の平の厚さで変動はありますが、余程分厚い人で
なければ大丈夫でしょう。その辺、ええ加減です。わーい(嬉しい顔)
でも、容器の容量も、米の量も関係なく、便利です、
posted by 野宿マン at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

飯ごういろいろ

なんせ、スケッチしたり、
ただぼんやりと自然の中に居るのが主目的なので、
写真をとっても部分的な景色ばかり、
それもスケッチを仕上げるために、記憶用として撮るだけ。
なので、写真そのものを画像表示するようなものではなく、

断片的なものばかり。
とてもじゃないですが、サイトを飾るためのものではありません。
具体的な画像を提供できないのが辛い。
だから、簡単なイラストで代用します。

飯ごういろいろ

兵式飯ごう、柄つき飯ごう、スエーデン式飯盒 丸型飯ごう、
角型飯ごう 中蓋がついていれば、皿に使えるし、
米の計量(2合)としても便利です

左から、兵式飯ごう、真ん中は角型、そして右が丸型飯ごうです。
兵式飯ごう 中蓋付.JPG角型飯ごう.bmp丸型飯盒無題.JPG

色々な形のものがありますが、だいたいこの3つの形状でしょう。

量的な区別では1合炊き専用と2合〜4合炊きの2種類です。
2合〜4合のもので、もちろん1合分を炊けますが、
ちょっと、勿体ないかな。
形状的には、兵式、角型の3種類です。
用途に応じて使い分けることになると思いますが、
個人的には丸型のが好きです。 
携帯コンロのゴトクに座りが良いので^^
角型は、一合炊きだけだと思いますが、
コンパクトなのでソロ・ツーリングなどにいいかも。
どれも、1000円から2000円くらいのものでしょう。

posted by 野宿マン at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

ハンゴウで飯炊き

飯盒炊爨(すいさん)が正しい用語)。
今は飯盒炊飯と呼ばれたり、用語はこんがらがっているようですね。 
意味はわかりますが・・・・どうせなら正しい言葉を覚えた方が・・・・

飯ごう使って、ご飯を炊くのって簡単。
でも、失敗することもありますわね?もうやだ〜(悲しい顔)
蓋をあけたら、真っ白な筈が真っ黒になってたりして。がく〜(落胆した顔)
結局捨てる羽目になったりして。
急きょラーメンに早代わりなんてこともありました。
でも、それもいい経験で、後には笑い話のネタになります。
*******************************
ああ、別に飯ごうでなくてもいいのです。
コッヘルでも、普通の鍋でも、ご飯は炊けます。

始めちょろちょろ、中パッパ、赤子泣いても蓋とるな
もちろん、聞いたことあるでしょう。肝心な部分が抜けてます。
正しくは
始めちょろちょろ、中ぱっぱ、時にはじわじわ火を引きて、
赤子泣いても蓋取るな・・・・だったと思います。

なんせ小学生時代の林間学校での記憶。
でも、時にはじわじわ火を引くという部分は大事なところです。

最初の内は、弱火から始まって、少しづつ強火にして
蓋から吹き上がりがこぼれ出して、止まるまでは弱火にするか
火元から飯ごうを逃し、落ち着いたら飯ごうをひっくり返します。

(飯ごうをひっくり返すというのは、異論があるようですが)

5分から10分そのままで蒸らします。で、また元に戻して
蓋を開けてください。
うひゃほ〜!きれいな炊き上がり。混ぜると、底にわずかなオコゲ
理想的ですう
おおざっぱな流れはこんな具合ですが、
これでは具体的な点がわかりませんよね。

注意事項があります。これからは、各要所ごとにもっと詳しく
書いていきます。
でも、私の自己流の方法が多いので、
参考程度にした方が良かったりして
posted by 野宿マン at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

動画にゃ負けるな

ロープワークの説明にアップアップしてましたが、
ちょっと、気になって、他のアウトドアサイトを
ちょろちょろお邪魔してみました。

いや〜驚いた!!
皆さん、ほんとに綺麗なサイト。
画像は豊富だし、レイアウトデザインなども
素晴らしい出来栄えです。
動画を使ったキャンプ場の案内とか、
ロープワークも、動画で説明してます。
それに比べて・・・
わたしのサイトの地味なこと、地味なこともうやだ〜(悲しい顔)

でも、少なくともロープワークについては、
動画でわかったような気がしても、
自分自身が納得してないと難しい気がします。

繰り返しすればするほど、いざという時に
何のためらいもなく、自然に結べるようになります。

いつも手元に1mくらいの細紐を置いておくのが
良いかもしれませんね。わーい(嬉しい顔)


わたしの方は、まだまだ使いこなせていないPCの
テクニックを勉強しなくちゃね。
無料で借りたブログサイトで、ただ思いつくまま
気ままに日記らしきものを書こうと思っただけなので、
まあ、ぼちぼち行きますわ。

というか、ろくにリンクがどうの、PINGがどうのとか
言われても、すぐにPING ときませんもん。あはははは。

今に必要になると思うけど、それも日記を書きながら、
少しづつ勉強していくことにします  でわでわ。



posted by 野宿マン at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

トラッカーズヒッチ

トラッカーズヒッチ

もやい結び、八の字結びと解説してきましたが、
最後に、トラッカーズヒッチという結び方を説明します。

いや〜、それにしても、絵で描くのは難しいですわ。
イラストが拙くて、判り辛ければすんません。

文字通り、これこそ、運送屋さんの結び方です手(グー)
ヒッチは、動詞なら巻きつけるとか、引っ掛けるなど、
名詞なら(すぐにほどけるようにした)結び目の意味です。

ヒッチハイクも、載せてくれる車を
引っ掛けるという訳です。わーい(嬉しい顔)

平ボディーのトラックに、貨物を載せ、シートをかけて、
ロープで固定しますよね?
重量貨物でも、ロープがけで固定できる程、協力な技です手(グー)
一見すると、そんな協力そうに見えないんですけどね。
ロープの先端が、他のロープ部分に巻きつけただけのように
見えるからでしょうか? でも強い。

最終段階で、体重をかけてぐいぐい引き絞ります。
引き終えた最大の点で、手を離しても弛みません。
でも、ロープの先端が下に垂れたままだと、
だらしなく見えるので、余ったロープ先端部分は、
結び部分の裏側に隠してもいいですね。


結び方の手順はここ
posted by 野宿マン at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

八の字結び

次にお勧めは、八の字結びです。

余りにポピュラーなので、皆さんご存知でしょうが、

このブログ自体が初めて、アウトドアに行きたいという方を

対象に書いているので、敢えて説明しますね。

慣れれば、片手で結べるようになるほど簡単です。

おまけに締まり方が強力なのにわーい(嬉しい顔)解くのは一発。

覚えておいた方が絶対いいですよ。

先端に出来る小さな輪を、カラビナに通したり、

フライシートの張り綱の先端を、この結び目にしてペグに

引き掛けたりするのにピッタリです。

下手なイラストでごめんなさい。

まだ、パワポも試行錯誤中なんでちっ(怒った顔)
続きを読む
posted by 野宿マン at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

ロープ結び方

昨日、予告したロープの結び方ですが、

一つできあがりましたexclamation×2

これは、舟などを桟橋に係留したりするときに

使われるものですが、締めれば強く締まるし、

解くときは、簡単に解けるので、便利ですよダッシュ(走り出すさま)

本当なら、テント張り綱や荷造りなどに使われる

縒ったものがいいのですが、手近に無ければ、

何でもよいので、紐を利用してください。

何度か練習して、絵を見なくても、簡単に結べるように

試してみて下さい。

何かの折に、紐があれば、常に手早く結べるか試して

下さい。それで、いざという時に戸惑わなくて済みます。

一、二度できるようになっても、止めるとすぐ忘れて

しまいますよ。何種類もアップしても、こんがらがるので

とりあえず、この一番便利な(と自分では思ってます)

もやい結びを完全に覚えるのがいいかなと思います。

つづきは…続きを読む
posted by 野宿マン at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

ロープの結び方知ってますよね?

ロープの結び方って一杯ありますよね?

アウトドアのベテランになれば、常識のテーマですが、

まだ何にも知らないという方に、二、三 これは是非

覚えておけば良いと思う方法を、一つづつ紹介します。

全部、出せよ!と言われても、私の知っている知識も

大したことはありませんわーい(嬉しい顔)

でも、これだけは知っていれば困らないという特選どんっ(衝撃)

を紹介します。と、言いたいところですが、今、そのための

イラストを描いてますちっ(怒った顔) 2、3日後には必ず仕上げて

掲示します。(写真掲示が早いだろ!!とか突っ込みは御勘弁。

ロープワークって、写真では、余程旨く撮らないと、意外に

判然としない部分があったりするので・・・ちょっと待って下さい。






posted by 野宿マン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。