スポンサードリンク

2008年02月17日

キャンプそのものの記事じゃないですが

イベントイベント懐かしいユース・ホステル

ユース・ホステルと聞いて、
若い方でも、旅好きの方ならご存知でしょう。
でも、全然知らない人もいるでしょうね。もうやだ〜(悲しい顔)

知らない方に簡単に説明すると、
ドイツ発祥の世界的な「旅の宿」のネットです。
若者に低価格で健康的な宿泊を提供するという趣旨で、
共感した有志自宅を改造したり、自治体や、ユースホステル協会
直営の公共施設として設置して一大宿泊網として
発展した経緯があります。

全世界で80カ国に4000施設、日本には約300程の
施設が運営されています。料金は3000円程度で、
夕食1500円、朝食600円前後の所が多いようです。
会員登録して割引サービスが受けられますが、非会員も
宿泊できますよ。

私のような中高年の世代には、お世話になった方も多いし、
その名前を聞くと、懐かしさで一杯になる方もおられるのでは?
当時は厳しい規約があったのですが、最近では随分改正され、
時代に即した内容に変わってきています。
酒類の自動販売機を設けたりする施設も増えています。ビールビール

日本ユースホステル協会は、
新設施設にはトイレ・洗面所付きの部屋を最低1室は設けるよう
義務付けるなど、新環境づくりに力を入れています。
家族や夫婦が同じ部屋に泊まれる施設が増え、今は1人で1室を
利用できる施設も全体の3分の1近くに増えてきました。

従来の半強制的なミーティングを開く施設はほぼなくなり、
自由参加形式に変えた事も個人の好みの多様化に従う流れです。

そんな変化に応じた動きが出てきました。exclamation×2
ここ数年会員数が増えてきたのです。
特に50歳以上の会員数増加が顕著で、前年同期より
1・7%増の1万210人と、2年連続で増えているのです。

全会員の13・6%を50歳以上が占め、学生時代に利用した
団塊の世代の人たちが昔を懐かしんで戻ってきているようです。
世代間交流や外国人観光客らとの交流も、捨て難いですね。

日本ユースホステル協会(東京)

http://www.jyh.or.jp/index2fr.html

一度各サイトを参考にしてご家族連れや、
一人旅、キャンプと併用、色々な用途を検討されては如何ですか?
え、私、別に宣伝マンではありませんが、
中高年の一員として、嬉しい話題じゃないですか・・・わーい(嬉しい顔)
 
【新大阪ユースホステル】新大阪駅から徒歩5分の好立地
c03_0106.gif利用者の満足度調査で世界一になったことがあります。
開業して4年目と新しい点もあり、関西観光の拠点として便利。
 共有スペースの談話室では、宿泊者なら自由参加できる
「ティータイム」が毎晩開かれ、海外からの旅行者の宿泊も
多いので、国際交流も盛んな事で人気があるのかも。
http://www.osaka-yha.com/shin-osaka/shin-osaka-j/framepage2.html

【モンベルクラブ五條ユースホステル】奈良県五條市
c04_0102.gif アウトドア用品メーカー大手のモンベル(大阪市)が
07年3月に開設。カヌーや渓流釣りの名所である吉野川沿いに
あり、初心者向けの川下りやカヌーの講習会が人気です。
約200平方メートルの直営ショップも併設しており、
中高年に人気があるアウトドアスポーツの愛好家拡大の
拠点とするようです。
http://www.jyh.or.jp/yhguide/kinki/gojyo/

【高知ユースホステル】(高知市)
a15_0115.gif「お酒」を売り物に、オーナーが「日本酒文化を広めたい」と、
大手酒造会社勤務の経歴を活かし03年に始めた同ホステルでは、
地元の酒蔵やワイン醸造所見学や利き酒大会などを定期的に催し、辛党の常連客も多くなっています。
また「四国霊場八十八か所を巡るツアーで、ユースを利用して
歩く人が増えているそうです。
http://www.kyh-sakenokuni.com/

他にも様々なイベントを催すようで、各都道府県毎にも
ユース・ホステル協会があり、個別のHPをもつホステルも
多いです。

posted by 野宿マン at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。