スポンサードリンク

2007年09月08日

1.広さ テント選びの参考に

テントを購入する前には、色々悩みますね。
どんな点に焦点をおいて、決定すればいいのかな?
ということですね。 
これから数回に渡って、検討する項目を挙げてみます。
これからテントを購入しようとされている方の
ご参考になれば幸いです。


1.広さ
これは、もちろん何人用のテントかということですが、
テントの広さとは地上の設置面の寸法表記が多く
ドーム型のテントで、メーカーにより、

   (間口) (奥行)  (高さ) 
1人用 100  X  200  X  110〜160 
2人用 120  X  210  X  −”− 
3人用 150  X  210  X  −”− 
 
この数値に±10cm位の幅で規格が多いようです。

ドーム型では、1人用〜4人用位までが多く、
それ以上の人数になると、ロッジ型が多いようです。
また、4人用といっても大人2名、子供2名という
感覚で考えた方が良さそうです。

ずいぶん狭いと感じられると思いますが、
日本製のテントはJIS規格で何人用という表示を
することが決められております。
その基準が底から25cm立ち上げた高さでの
平面の広さを言います。

ドーム式のテントの規格としては 180 x 55cm サイズを
大人一人用のスペースとして考えられています。せまっ!がく〜(落胆した顔) 
寝台列車並みですね。

当然荷物類のスペースは十分とは言えません。
オートキャンプなどで、車室が荷物室に代用できるなら
いいのですが、そうでない場合、装備量に応じたスペースを
確保することになります。

なるべく取り出しやすい収納方法や
邪魔にならないコンパクトな収納を検討する必要があります。
また、着替えなどする際は、高さが110cm 余りしかないので
ちょっとしんどいですね。

ゆったり快適な居住空間を確保するなら、
人数分の表記+1人分のテントにした方がよいかもしれません。
また、窮屈でも一緒にわいわいと寝れば、ダッシュ(走り出すさま)
l数分ぴったりでも楽しいかもしれません。
それも、個人の考え方ですけどね。
狭いけれども楽しい我が家るんるん

次は居住性のよいテントの話
posted by 野宿マン at 20:57| Comment(0) | TrackBack(1) | テントあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Zippo ハンディーウォーマー フリース付 繰
Excerpt: 付属のフリースケースに入れないと、熱くて触れることができません。コンピュータの前に座る仕事が多いのですが、マウスの横に置いて仕事をしています。手が冷たくなってもすぐに回復します! 使い捨てカイロだと、..
Weblog: アウトドアへの思い
Tracked: 2008-02-17 13:18
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。